みならい化学屋の実験室

軸がぶれ始めている一応科学ブログだけどほとんど雑学ブログ

2位じゃだめなんですか!?~スーパーコンピュータ「京」~


スポンサードリンク

f:id:psciencist:20151114191231j:plain

ちょっと前、有名な政治家がこんなことを言っていた。

「2位じゃだめなんですか!?」

皆様の中には

「2位じゃなんでだめなの?」

と思われた方も多いと思う。

それは1位を狙わねばならない

スーパーコンピュータ

というものの本質があると考える。

さて、今回のニュースは

news.yahoo.co.jp

このニュースにもあるスーパーコンピュータ

これがずばり「2位じゃだめなんですか!?」

といわれた「京」である。

スーパーコンピュータ「京」

「京」理化学研究所富士通が共同で開発したスーパーコンピュータである。

一つの計算機ラックに102個のCPUを搭載しており、そのラック864台で構成されている。延べ、CPU88128個が搭載されている

それにより10ぺタフロップス*1を達成している。

そのほかにも信頼性を向上させるための諸機能を搭載している。

TOP500

TOP500とは世界でもっとも高速なコンピュータを500位まで定期的にランク付けしたものである。

「京」は2011年度に実施された二回のランク付けで1位になっている。

最新のランキングでは1位は中国の「天河二号」である。

なお、「京」は4位となっている。

他にも性能を測るランキングとしてはGraph500*2がある。

こちらでは最新ランキングにおいて「京」は1位である。

なぜ、1位にこだわるのか

私見になってしまうが1位には単純に価値があるのだと思う。

それは何より技術立国の証明に他ならないからである。

1位になることによってこの国のスーパーコンピュータを造る技術が世界で1位であるという主張ができるのである。

技術立国が技術立国たりうるためには1位が必要なのであると考える。

まとめ

上でも述べたとおり「京」Graph500において1位を誇っている。

しかしながらTOP500では現在4位となっている。

そしてこの記事にもあるようにまた予算を削られてしまう可能性もある

この削られてしまう理由の一つに有効活用できていないという点が挙げられている。

だから本来は予算を削るのではなく、どうすれば有効利用をできるかと言うことを議論すべきだと思う。

また、「京」には1位をTOP500で奪還してほしいものだ。

以下、参考資料

1:スーパーコンピュータ「京」 - Fujitsu Japan

2:理化学研究所 計算科学研究機構(AICS) | RIKEN AICS

3:スーパーコンピュータ - Wikipedia

4:TOP500 - Wikipedia

5:スーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を奪還 | 理化学研究所

*1:1秒間に1京回計算する能力

*2:グラフの幅優先検索という複雑な計算を行う速度のランキング

広告を非表示にする